保育園の給料の現実とは

全国的に保育士不足が深刻になっていますが、それは保育士のお給料が低いということが挙げられます。



お給料が低い状態であれば頑張るにも張り合いが感じられませんし、一人暮らししている人であれば生活を維持していくのも難しくなってくるでしょう。



昔であれば保育士は早朝育児も延長育児もそんなに必要なかったですが、共働き夫婦が増えていくにつれてそうした早朝での仕事、延長での仕事も増えてきています。

それに加えて園児とのコミュニケーションだけでなく保護者とのコミュニケーションも必要になってくるので、保育士の負担はとても多いのが現状です。ですから保育士として働く人を増やしたいのであれば保育園の現状を変えることとお給料を改善させていくことが必要です。そしてお給料を上げることと同時に、保育園の環境を変えていくことも必要です。


ひとつの保育園に対して保育士の数が足りていないのであれば十分に園児のお世話ができるように保育士の数を増やすべきですし、保育士が快適に働くことができるように保育園の環境を整えていくことが必要です。

そのうえでお給料を納得できるようなものにすれば、もっと保育士として働きたいと考える人が増えていくでしょう。

保育士も体力勝負の仕事ですし、園児から風邪をもらったりしないように健康管理もとても大事なことです。
保育園のような集団生活をしていくのに怖いのが集団感染です。


ですから若い保育士がどんどん育っていくような環境も整えることが必要でしょう。

保育士の就職のホームページをチェックしましょう。